認定心理士と臨床心理士の違い

認定心理士と臨床心理士は名称が似ているために混同されがちですが、内容は大きく異なり、資格取得方法も違いがあります。

認定心理士は、カウンセラーなどのような職業資格ではありません。あくまでも心理学の標準的基本知識を身につけたという証です。大学の学習過程で、今後心理学の専門家として働くうえで必要となる基礎知識や技能を学び身につけたと「公益社団法人日本心理学会」が認定する資格です。

一方、臨床心理士は、人の心の問題に向き合う専門家として「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」が認定する資格です。

臨床心理士の資格取得には、大学卒業後「臨床心理士指定大学院」に進学し、臨床心理学系の修士号を取得することが基本要件となります。大学院卒業後は臨床心理士資格審査を受けなければなりません。この資格審査は一次試験と二次試験があり、共に同一年度に合格する必要があると定めれれています。

資格試験合格後に財団法人日本臨床心理士資格認定協会へ所定の登録手続きを行い、初めて臨床心理士と称し、仕事を行うことが可能になります。

この資格には、臨床心理能力の維持・向上のために5年ごとの資格更新制度が設けられています。

主な仕事の内容は、対象者の心の状態や特徴を知り問題点を明らかにする「臨床心理査定」、臨床心理学的技法を用い対象者の問題の改善・解決を図る「臨床心理面接」などがあります。

活動場面は多くあり、学校や自治体(地域)、企業や病院など、幅広く求められる職業です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ