養護教諭の資格が取れる通信制大学は?

養護教諭という職業は学校の現場において、保健管理・保険教育を担う教員です。世間では”保健室の先生”と呼ばれています。

養護教諭は主に保健室に駐在し、児童らの怪我の応急処置や保健指導などを担当します。また、児童らの身体の健康だけでなく、学業や家庭が原因で悩みを抱えている児童らの心の健康のサポートも必要とされる職業であり、これには養護教諭自身の高い人間性が強く求められます。

まず、公立学校の養護教諭になるには大学に指定されたカリキュラムを修得し、免許証状を取得し、各都道府県で実施される教員採用試験に合格する必要があります。また、私立の場合は、各学校で実施される教員採用試験に合格することが必須となっています。

養護教諭の免許は通信制を設けている大学でも取得することができ、通信教育課程では一般的にテキスト履修とスクーリング履修が併用して行われる場合が多いです。”

通信制大学は人間総合科学大学がオススメ

養護教諭の資格が取得できる通信制大学の中でもメジャーなのは、人間総合科学大学です。生徒にとってのメリットが多い大学であることから、養護教諭資格取得を目指す生徒の中では大変人気のある大学です。以下でその理由となるメリットをいくつか紹介していきたいと思います。

まず、人間総合科学大学は卒業率が高いことで有名です。文部科学省の調査に基づく結果では、卒業率が1年次入学生で約60%ほど、3年次編入学生で約70%ほどです。これは全国平均が15%とされていることから非常に高い卒業率であるということが言えます。

次に、学習サポートが充実しているという部分も大きなメリットです。人間総合科学大学では担任制が導入されていて、入学後2〜3ヶ月で担任の教員が付き、親身になって学習をフォローしてくれます。主にインターネット上で質問のやりとりをすることになりますが、何か問題があった場合は直接面談してもらうことも可能です。

最後に、近年人間総合科学大学では、実習以外にネットだけで授業が展開されるようになったので、スクーリングの授業は受けても受けなくてもどちらでも良くなりました。授業が全部ネットだけで完結してしまうのは非常に楽で便利です。

通信制大学の選び方のまとめ

今回は、有名でなおかつメリットの多い人間総合科学大学を紹介させていただきましたが、通信制で養護教諭の資格を取れる大学は他にも東京福祉大学、姫路大学、聖徳大学といくつかあります。大学それぞれに強みがあるのでそこをきちんと見極めるようにしましょう。

例えば、卒業率はどうなっているか、サポート体制はどうなっているか、授業料はどれくらいかかるのかなど、人によってこれだけは外せないという大学選びにおける重要ポイントがあるはずですので、それをしっかり念頭に置きながらHPを確認するなり、資料請求するなりして納得いくまで吟味することが重要です。

最後に、養護教諭は資格だけではなく、人間力も必要な奥が深くて難しい仕事です。そういった人間力を養うためにも勉強するだけでなく、様々な価値体験を積むことで人間性の幅を広げるようにも努めましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ