通信制大学における勉強時間の作り方

はじめに、通信制大学の最大の魅力として挙げられるのが、なんといっても「価格がやすい」ことです。通信制大学によっても値段設定に違いはあるものの、一般的には通学よりも学費が安くなっています。

また、インターネット社会の昨今では、自宅にいても容易に講義を受講することができるため、交通費などの費用を抑えることが出来、さらに時間を有効活用することができます。

さらに学校によっては「スクーリング制度」といって直接大学で講義を受けることもできます。この場合、同年代の方や、社会人経験のある方と一緒に講義を受講できるので、とても貴重な体験をすることもできます。

その反面、通信制大学の大変に感じる要点として「モチベーション」を保つことがあります。基本的には一人でテキストを読んで勉強をし、レポートを提出という流れなのでやる気を常に保ち続けることが卒業するうえで最も苦労する点となります。更に、働きながら勉強をする社会人の方などにとっては勉強時間の確保がなかなかできず、それ以上に苦労をしてしまいます。

通信制大学で勉強するのみ勉強時間をどう確保すれば良いか?

では、そういった方達はどのように勉強時間を確保すればよいのでしょうか。

まず、基本的な勉強時間の作り方としては、帰宅後に1時間でもいいので時間を設け土日に3時間ほど勉強するのが効率のいい勉強時間の作り方となります。しかし、帰宅後は仕事の疲れなどやテレビに誘惑され、なかなか勉強が捗らない方もいらっしゃいます。

そういった方に関しては他の場所で毎日決まった時間を利用する必要があります。その一例として、出勤時間を利用することがあります。

通信制大学の勉強時間を確保できない場合は通勤時間を勉強時間に充てよう

例えば出勤の際に電車を利用している方で片道20分かかる場合であれば、往復で毎回40分の時間を設けることが出来、その間に勉強をすることができます。また、電車やバスなどは毎回時間が決まっているので、効率よく勉強をすることができます。

それ以外の勉強時間の確保としては、出勤前にカフェなどに立ち寄るのもいいでしょう。いつもより30分早く起床し、会社の近くのカフェやファーストフード店に立ち寄り、余裕ができた時間で勉強をするのも一つの勉強時間の作り方です。その場合、リフレッシュした状態で仕事に臨めるので一石二鳥にもなり効率もいいです。

最後に、通信制の大学では自己管理が不得意な方はなかなか勉強が進まないというリスクもあります。そのため、常に自分の中で目標を持ち続け、モチベーションを保つことが必要不可欠です。”

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ