通信制大学への4年次編入

通信制大学は、生涯学習の普及をはじめとする多様な学習機会の確保を目指した取り組みのひとつとして開設が進んできたという経緯があるため、他の大学の卒業者や中退者などに対しても、編入学というかたちで門戸を開いています。

ただし、通信制大学であっても一定の学力がなければ授業を理解することができませんので、4年制大学や短期大学、高等専門学校、専門学校をすでに卒業しているか、中退の場合は過去に在籍していた年数や取得した単位数をもとにして、成績証明書などの必要書類を添付の上で選考を行うのが通例となっています。中退した大学が通信制であった場合には、これにスクーリングによる取得単位数が編入学を認める条件として加えられていることもあります。

多くの場合、2年制の短期大学卒業程度であれば3年次から、中退によりそれ未満の就学状況であれば2年次からの編入を認めるようになっています。4年次編入はかなり稀なケースですが、最近ではある一定の条件を設けてこれを認める通信制大学も現れてきています。

4年次編入の条件の例としては、3年制の短期大学や専門学校などを卒業した者、または4年制大学に3年以上在学した経歴をもつ者というのが一般的ですが、同じ通信制大学を中退後に再入学する場合しか認めないという場合もあるため、募集要項をよくみて確認する必要があります。

通信制大学の4年次編入

教育は誰にとってもとても大事なことです。教育を受けることによって、人は新しい知識や技術を身につけることができるようになります。そのため、教育を重要視しているという人は沢山います。

教育を受ける場所に関しては、それぞれの個人が好きな場所を選ぶことができます。また、勉強する内容も個人で好きな分野を選ぶことができます。

勉強をすることができる学校や大学の種類は豊富にありますが、その中でも、通信制大学で勉強をすることを選択する人は多くいます。

通信制大学で勉強をすると、好きな場所で勉強に取り組むことができるところが魅力的であると言えます。課題なども学校側から与えられるため、忙しい学生生活を送ることができるようになります。

通信制大学のメリットの一つとして、4年次編入をすることができることが挙げられます。

そのため、4年次編入を考えている人にとって、通信制大学に入学することは良い道のりであるのです。

入学に関する細かい条件に関しては、それぞれの通信制大学によって異なっています。そのため、入学をしたいと考えているときには、事前にしっかりと確認をしておくことが大切になります。分からないことは、学校に問い合わせることもできます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ