法政大学の通信教育学部

法政大学の通信教育部は、日本で最初に開設され、2012年に創立65周年を迎えています。社会人にも配慮して様々なコースを設けていますので、ライフスタイルに応じた受講が可能です。

スクーリングの種類としては、インターネットにより自宅で学習できる「メディアスクーリング」をはじめ、「夏期・冬期スクーリング」や、夜間に実施する「春期・秋期スクーリング」、札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡の各都市で年に1回開催する「地方スクーリング」などがあります。また、法政大学では「単位修得試験」を年に8回、全国で開催しており、全国の会場で受験をすることができます。

「単位修得試験」は、3科目まで受験可能で、受験料は無料となっています。法政大学の通信教育部では、所定の単位を修得すれば「教員免許状(中学・高校)」や「社会教育主事」、「図書館司書」や「図書館司書教諭」などの資格・受験資格が得られます。

特に、測量で需要の高い「測量士補」の申請資格を得られるのは、通信教育課程では法政大学のみとなっています。また、一年間で80,000円という、学費の安さも魅力です。

スクーリングについては、1科目あたり15,000円〜20,000円が別途必要となりますが、奨学金制度・学費分納制度などの制度も整っています。

法政大学の通信教育を受けるメリット

近ごろでは、さまざまな理由で大学に通うことができない人も多く見られます。地方などの遠方に住んでいる人や、アルバイトなど働きながら学びたいと望んでいる人などは、大学への通学が難しいため、通信教育を受けている人も増えてきているのです。

数多くの四年制大学の中でも、法政大学の通信教育は、学生一人一人に対してきめ細かく丁寧な対応を心がけています。より理解しやすく、効率的に学力がアップできるようにさまざまな取り組みを行っているのです。学生の学ぶスピードに合わせて柔軟に適切なアドバイスを与えながら指導していますので、信頼して任せることが可能です。

学生たちは、空いた時間を有効に活用して学習することができ、自宅にいながら高度な知識や技術を身に付けることができるのです。そのため、法政大学の質の高い通信教育を受ける人が年々増加してきているのです。法政大学では、経験豊富な先生が学生たちに親身になって対応していますので、多くの学生から厚い信頼と口コミ評価を得ています。

このように、法政大学の通信教育を受けるメリットとしては、高度な専門知識や技術を自宅にいながら身に付けることが可能であるという点が挙げられます。効率的に学べる方法として人気が高まっているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ