在宅で本格的な学習が可能な日本大学の通信教育部

日本大学には通信教育部が存在します。一般の大学入試試験のようなものは存在せず、書類選考のみで入学できるようになっています。

大学に入学する資格のある人なら、殆どの人を受け入れる体制が整っているのが、日本大学通信教育部のよさでもあります。

学び方は予め用意された教材を入手し、在宅にて学習を行い、リポートの提出や、科目修得試験を受けます。両方に合格した後、晴れて単位を修得できるという内容です。

科目修得試験は全国にある、指定の会場で実施されます。50近くにも及ぶ会場が用意されていますので、最寄りの会場へ向かうとよいでしょう。試験は無料となっています。

法学部、文理学部、経済学部、商学部の4学部が用意されており、それぞれ法律学科、経済学科、商業学科、哲学専攻、文学専攻など、8学科・専攻があります。教員免許や司書教諭、学芸員の資格取得も可能になっています。

在宅学習が主となる通信教育部ではありますが、日本大学ではスクーリングも積極的に行っています。在宅の学習は孤独で辛いこともあるでしょうから、スクーリングに積極的に参加して、刺激を受けると学習もはかどります。

夜間スクーリングを利用すれば、仕事をしながらでも学ぶことができます。

日本大学通信教育部を選ぶメリット

近ごろでは、目指している夢を叶えるために大学で学んでいる人が多く見られます。その中でも、通信教育という形を選んで努力している人も増加してきているのです。

数多くの大学がありますが、日本大学では通信教育部を設けて、さまざまな理由で通学できない学生たちのためにきめ細かい指導を行っています。

日本大学通信教育部では、4学部8学科を擁してあらゆる要望にも迅速に対応できるよう全力で取り組んでいます。必要な単位を取得すれば、教員免許や司書などの資格を通信教育で取得することも可能ですので、地方などに住んでいる人にとっても非常に大きなメリットがあると言えます。

また、日本大学通信教育部には、指導経験が豊富で実績も高い優秀な講師が多くいますので、より高度なレベルでさらなるスキルアップやキャリアアップを実現することができるのです。疑問点や不安な点などがある場合には、親身になって適切なアドバイスなども提供していますので、安心して気軽に質問や悩みの相談などもできます。

このように、日本大学通信教育部では、全ての向上心の強い学生のために、あらゆるバックアップを行って、サポートしているのです。

多くの学生学が、メリットの大きな通信教育を受講しているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ