認定心理士の求人はあるのか

認定心理士という資格は大学において心理学関係の勉強を下という事実を認定するものであり、この資格を持っていることが心理職としての資質を保証するものではありません。そのため現実的な問題として認定心理士は心理職採用の対象になることはありませんので求人も存在していません。

しかし、この資格は一般的な業務につく人材の付加価値を高めるための役割を果たしており、似たような条件の人材が二人いた場合には認定心理士を持っている人材の方を採用するという可能性を高める様な効果は期待できます。

認定心理士と言うのはあくまでも何らかの仕事に就いた時に大学で学んできた心理学の知識を活かして仕事が出来ますよというアピールでしかないのです。従って認定心理士を心理職として求人するケースはほとんどありません。

もしも心理職としての求人に応募したいと考えるのであれば臨床心理士の資格を取得することを目指す必要があります。

臨床心理士は現在指定大学院の修了を受験資格に定めており、認定心理士の資格を取得するという段階は指定大学院の受験資格を得る段階にすぎません。

そのため心理職として働くには高いハードルがあるということを理解しておく必要があるでしょう。

認定心理士の資格と求人

認定心理士という資格は大学や大学院において、心理学に関する単位などを取得することにより申請可能な資格です。試験は必要なく日本心理学会によって認定されることによって取得が可能です。つまり、この資格は必要な単位を修得しておけば申請することで誰でも取得することが可能です。

放送大学などの通信制の大学においても取得が可能なため、取りやすい資格ということができます。認定心理士は簡単にいうとカウンセリングを行うための資格です。必要な知識を持っていることによって、ストレスがある人や社会に不安を感じている人の心をケアすることが可能です。

認定心理士の資格が求人として出る場合はほとんどありません。就職活動の際に役立った実感がないという人も多いのは確かです。しかし、医療に関する求人や保育園など人とのコミュニケーションが非常に重要となる職場においては大きなアピールとなります。

人気がある職場においては、募集してくる他の人とくらべてアピールできるものがなければ採用してもらうことは難しいでしょう。

その際に認定心理士の資格は大きく役に立ちます。また、将来的に他の心理学が関係する資格を取得しようと考えている場合にも、勉強した知識は間違いなく役に立ちます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ