通信大学で教員免許を取得する方法

学校の先生になることに遅いことはありません。

通信大学を利用すれば、働きながらでも教員免許の取得は可能です。

通信で教員免許を取得する方法は、通信制の講義を行っている大学に籍を置いて学ぶことです。

通信大学では、大学に直接通わずに自宅で学習することができます。

単位の取得方法は、各教科ごとに送られてくるテキストに沿って学習します。それぞれに課題が課せられて、その内容に基づいたレポートを仕上げて郵送で提出します。その後に、テストを受けて合格すれば、単位が取得できます。

教員免許に必要な教科の単位と通信大学を卒業できる単位を取得すれば、通学している人と同様に、学士の資格を取得することができます。

通信制の利点は、自分のペースで学習することができる点です。しかし、不明点があった時に、すぐに教授に質問することができない点が難点です。また、自分で根気強くやろうという強い意思がなければ、継続することが難しいことです。

それを補うためには、スクーリング制度があります。

直接学校に出向ことで、通学の学生と同じように対面で学ぶことが可能です。また、最近では、インターネットと通してスクーリングを行っている大学もありますので、自宅で対面形式と同様に学ぶことも可能です。

さらに、一部の試験はインターネットで行っている学校もありますので、以前に比べると学ぶ環境も快適なものになっています。

教員免許を取得可能な通信大学

教職員は、将来なりたい職業の中でも上位に食い込んでくる職業ですが、教員になるためには、所定の教育課程を修了して教員免許を取得しなければなりません。

教員免許を取得するためには、大抵の場合には4年制大学の教育学部や理学部などに通うことになるのですが、通信大学を卒業した場合でも、教員免許を取得できる場合があります。

中には、通信大学で取得した免許と4年制大学で取得した免許には違いがあるのではないかという心配をする方もいますが、教員免許はどこで取得しても同一の種類のものなので、卒業した大学による差はありません。つまり、通信大学を卒業して4年制大学を卒業した時と同じ教員免許を取得することが可能だということです。

では、どのような場面で、通信大学を選択するのがよいのかというと、通いやすさや免許取得に関しての実績などが検討の対象となるでしょう。また、取得したい種類の免許が取得できるかどうか、なども判断の基準になってきますが、一般的には、小学校、中学校の一通りの科目の免許は取得できるような通信大学が多いようです。

ですから、無理に4年制大学のみを検討することなく、通信大学も含めて柔軟に大学を選択することができるようになってきているという点では、非常に進歩しているといえるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ