通信制大学で心理学を勉強しよう

心理学は通信制大学で習得することができます。

一言で心理学といっても内容は多彩です。基礎知識や専門知識という違いのみならず、発達心理学や認知心理学など、きめ細かく分類されています。

通信制大学では、これらに関する科目が多数用意されており、自分の関心ある分野を納得いくまで学習することができます。初めて心理を学ぼうとする人はまず基礎や一般教養的な科目から入って、その後に興味が湧いた分野について専門的な科目を選んでいくという方法が良いでしょう。講座は人それぞれの興味や目的に従って1科目から選択できます。

ビジネス現場で心理学を活用したい、職場のメンタルヘルスに応用したいと考える人、子育てや周りの人間関係から生じる悩みを解決したい人など、心理学を学ぼうという人の動機や目的はいろいろです。

また一歩進んで認定心理士や臨床心理士といった資格取得を目指す場合にも対応しています。

認定心理士の資格は会社においては人事の採用や労務、教育や医療福祉関連の仕事などで心理学の基礎知識・専門スキルが生かせます。臨床心理士の資格は学校におけるスクールカウンセラーや医療福祉分野または一般企業の職業カウンセラーなどで生かせます。

通信制大学と心理学の資格取得

通信制大学では、人間の心のはたらきを研究する学問である心理学の講座を開講しているものが多数あります。

ひとくちに心理学といっても、個人に対する社会活動や相互影響を考える社会心理学、コンピュータの原理を参考に人間の記憶・理解のしくみを考える認知心理学、子供から大人に至るまでの年齢に応じた変化や成長を考える発達心理学など、さまざまな分野があります。

こうした多彩な講座を、自身の興味や関心に応じて履修することによって、子育ての悩みを解決したり、職場での人間関係を円滑にしたりといった、実生活に役立つ知識を得ることができます。
さらに一歩進んで、この道で専門家・カウンセラーなどとして活躍しようとする人にとっても、通信制大学での履修は資格取得のために大変有利です。

文部科学省の任用規程によってスクールカウンセラーになるために必須の資格とされている臨床心理士は、臨床心理学の知識と技術を用いて問題解決に当たるスペシャリストですが、この資格の取得にあたっては、指定大学院の専門課程を修了する必要があり、大学院をもつ通信制大学であれば、この条件を満たすものがあります。

また、企業の人事・労務管理の現場で評価の高い認定心理士は、心理学の基礎的な知識や技能をもった者として、大学で一定の単位数だけ専門の講座を履修していることが条件ですが、通信制大学でも所要の単位を取得することができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ