心理学が学べる通信制の放送大学

教育機関の施設に出向いて学習する方法以外に、テレビやラジオ、もしくはインターネットを活用して通信教育で学ぶことのできる放送大学というものが存在します。

自宅で学習できる便利な大学ですが、最寄りの学習センターなどに出向いて学習することもできます。自宅から近い学習センターに限らず、全国にある学習センターならどこでも利用できるのが嬉しいところです。

放送大学は通信制の大学であるものの正規の大学ですので、4年以上在籍したのち、定められた単位を修得すれば、普通の大学卒業と同じ資格を得ることが可能です。

この放送大学で学べる科目の中でも、心理学は人気のある分野です。認定心理士や臨床心理士の資格を取得するに必要な学習が可能ですので、この資格を活かした職業を目指す人は心理学を選ばれるとよいでしょう。

特に臨床心理士は民間の資格ではあるものの、文部科学省が認可する協会が認定する資格とあり、教育機関におけるスクールカウンセラーや、医療機関での業務にもあたれますので、ぜひ取得を目指したい資格といえます。

放送大学で学べる心理学は仕事だけでなく、日常にも活かすことができます。子育てに関することや、家族の理解を深めるためにも、役立てることができるでしょう。

放送大学で学べる心理学

放送大学で人気のある分野の一つに心理学があります。基本的な知識の習得から専門分野まで豊富な科目が用意されています。生活や仕事に役立つ知識の習得にとどまらず、資格取得を目指すことも可能です。また、1科目から履修することが可能で、授業料は1科目(2単位)で11000円とリーズナブルな設定となっています。

放送大学で学べる心理学は、次のような目的を持つ方に役立ちます。まずは、心理学に興味を持つ方には、基本からしっかりと学ぶことができます。また、職場のメンタルヘルスに関心があったり、心理学を子育てに役立てたい方には、豊富な科目が用意されており1科目からも履修ができます。

教育や医療の現場で活かしたい方には、将来のキャリアアップにもつながります。さらに、心理学の資格を目指したい、よりハイレベルな環境で学びたい方には、認定心理士、臨床心理士の資格を目指すことができ、特に臨床心理士資格審査では高い合格率を誇っています。

世代や職業を問わず、放送大学で心理学を学ぶ方が増えています。医療、福祉、教育などの現場で働いている方々、或は、企業で働いている方、子育て中の方、定年退職されたシニアの方など多岐にわたっています。心理学を学ぶのなら放送大学という傾向が定着しつつあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ