放送大学で看護師としてキャリアアップできます

近ごろでは、さらなるキャリアアップやスキルアップを目指している人が増加してきています。

放送大学の単位を取得することによって、現在の仕事にも大きなメリットがあるのです。准看護師の人にとっては、放送大学の必要な単位を取得することによって、正看護師の国家試験を受験する資格を得ることができるのです。また、正看護師の人にとっては、看護学と教養の学士の両方を取得することができます。

放送大学では、働きながら資格を取得したいと努力している人々のために、自宅で学習することのできる通信教育を展開しています。空いている時間を有効に活用して、効率的に学習を進めることができるように、あらゆるサポートを行っているのです。

将来のためによりレベルの高い職場で働きたいと願っている看護師のために、キャリアアップを迅速に実現できる高い水準の教育を提供しているのです。

このように、放送大学では、あらゆる目標に向かって頑張っている人々を応援するために、より効果的に学習能力を高めて、希望の単位を取得することができる指導を心がけて実践しているといえます。

看護師を目指す多くの人々が、放送大学を利用することによって自分の能力に磨きをかけてさらなるキャリアアップにつなげています。

看護師を目指すなら養成所の前に放送大学で学習しよう

医療の現場で働く看護師の国家資格を取得するためには、看護師学校養成所に通って必要なことを学ばなければなりません。しかし、いきなり養成所へ通うばかりが資格取得への道ではなく、大学に通ってからその道に進む方法もあります。

おすすめなのが通信制の放送大学で、この教育機関は自宅で学ぶことができる上に、条件さえ満たせば、一般の大学卒業と同じ資格を取得できるようになっています。

通信制の養成所が定めている放送大学の単位を修得しておけば、最高で32単位まで卒業に必要な単位として養成所に認めてもらうことができます。厚生労働省も推奨するシステムで、養成所において余裕を持って学習できるというメリットがあります。

准看護士として働き続けており、まだ10年に達していなくても、放送大学で単位を取得できるとあり、時間を有効活用できます。

時間の有効活用といえば、通信制の大学だからこそ可能なものともいえます。

自宅にいながら空いた時間を活用して学習できますので、家事や仕事に追われている人でも学びやすいでしょう。

看護師として働く際に役立つ、心理学が学べるのも放送大学の特徴となります。患者やその家族の心理面におけるサポートに、心理学の知識を活かすことが可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ